メニュー

よくあるご質問

訪問看護は誰でも受けられますか?

Reafあまがさきは精神科を専門としています。心に悩みをいだいている方で、医師からの指示書があればどなたでもご利用いただけます。

訪問地域について

尼崎市全域・伊丹市全域
豊中市(一部)・西宮市(一部)
宝塚市(一部)
※詳しい訪問可能地域ついては一度ご連絡下さい。

どうしたら訪問受けれますか?

精神科訪問看護には、精神科の医師が記入した精神科訪問看護指示書が必要になります。かかりつけ医に相談、又はReafあまがさきにお問い合わせ下さい。

具体的にどんな訪問をしていますか?

利用者との対話をすることをもっとも大切にしています。そしてその中で、わかってきたニーズに応える支援をおこなっています。1人では生活しにくい方の支援も行なっています。

生活保護を受けているので料金が心配です。

生活保護においては、直接訪問看護からご本人様に料金の請求はありませんので安心して下さい。

問い合わせる勇気がありません。

ご心配ありません。電話が難しい方はメールにてお問い合わせください。まずはメールからのやり取りから始めましょう。

ご利用者の声

Yさん 25歳 対人恐怖症

話し相手ができたことが何より嬉しかったです。
最初は緊張もありましたが、回を重ねるごとに信頼関係が生まれ、訪問日が楽しみになりました。

Hさん 15歳 PTSD

トラウマで或る日突然歩けなくなりました。
歩き慣れた道じゃないと通ることが難しく、行動範囲が広がらなかったので、付き添ってくれて嬉しいです。

Aさん 55歳 強迫性障害

考えても仕方ないことが頭から離れず、毎日毎日同じことを考え続けています。同じ話を何度も聞いてくれる看護師さんに感謝しています。

Sさん 29歳 うつ病

仕事に就かず、夜も眠れず、毎日何をするわけでもない孤独な日々に困っていました。そんな自分の心の声を聞いて、そのままで大丈夫という言葉に救われています。